障がい者の雇用と働きがい支援クラウドファンディング開始

11/2(月)障がい者の雇用と働きがい支援クラウドファンディング開始

2020年11月2日(月)からREADYFORのクラウドファンディングにて「障がい者の雇用と働きがい支援」プロジェクトをスタートします。
【プロジェクトページ】
READYFOR 障がい者の雇用と働きがい支援 老舗豆腐屋の新商品開発

尾崎食品では創業以来、長年障がい者雇用に取り組んできました。

障がい(知的・発達・精神・身体)をお持ちの方が、一般企業へ就職するために必要なトレーニングを行うための場である就労支援B型作業所は厳しい運営状況にあります。
B型作業所に新たなお仕事を創造し、企業、NPO法人、地域社会が協力して、障がいをお持ちの方を支援する、新しい商品を製造するための機器購入の為の資金を調達するのが、このプロジェクトの目的です。

NPO法人がる作業所巣立ちさんには、尾崎食品から、おからなどの原材料を提供して「愛犬用おからトリーツ」を作っていただきます

利用者の方に、ドッグラン・ドッグカフェ・ペットサロン等で、実際に犬たちが喜んでいる姿、飼い主の喜んでいる顔を見る事ができる、そういう商品作りに携わっている事に誇りと生き甲斐を感じていただけたらと思います。

皆様のご支援の程、よろしくお願いいたします。

尾崎食品株式会社 代表取締役会長 尾﨑 章江
同 取締役社長 矢 部 拓
NPO法人がる理事長 松 本 徹

【協力】

国産有機サポーターに決定!

農林水産省国産有機サポーターに決定
国産有機サポーターに決定!

農林水産省「国産有機サポーター」に選定されました(兵庫県内5団体、2020/9/4現在)。尾崎食品株式会社では以下の活動に積極的に取り組んでまいります。

(1)店舗等での国産有機食品の販売・提供
(2)有機農業、有機食品について、消費者に分かりやすく伝える取組の実施
(3)サポーターであることの情報発信
(4)農林水産省が、サポーターズの取組の周知やサポーター間の交流の促進等に向けて行う取組やイベント等の取組の機会の活用

農林水産省では令和2年4月に、新たな「有機農業の推進に関する基本的な方針」を公表し、国内の有機食品の市場規模が2030年に約3,280億円に達すると見通したうえで、同市場への国産の供給割合(国産シェア)を、2017年の60%から2030年には84%まで拡大する目標を設定しました。この目標達成に向け、国産の有機食品を取り扱う小売や飲食関係の事業者の皆様と連携し、生物多様性の保全や地球温暖化防止など、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する有機の取組の持つ価値や特徴を消費者に広く発信することにより国産の有機食品の需要喚起の取組を進めることとし、そのプラットフォームとして、「国産有機サポーターズ」を立ち上げました。

農林水産省【国産有機サポーターズ】

また、今年6月スタートのネットメディア「EeNa」にも紹介されました。

尾崎のとうふ(神戸)が農林水産省の「国産有機サポーターズ」に決定!

ロゴマークが変わりました

尾崎のとうふロゴスクエア
新ロゴマーク

SNSでは先行して使用しておりましたが、新ブランディング戦略として「尾崎のとうふ」に統一し、ロゴマークを一新いたしました。

サイトドメインも以下の通り変更になりました。

・WEB: ozaki-s.com → ozakinotofu.jp

各SNSは以下の通りです。

・Facebook: https://www.facebook.com/ozakinotofu
・Instagram: https://www.instagram.com/ozakinotofu.jp/
・Twitter: https://twitter.com/ozakinotofu
・Google: https://g.page/ozakinotofu/
・LINE: https://lin.ee/cvzggC5

若旦那インタビュー 第2弾

若旦那インタビュー第二弾
EeNaインタビュー記事第2弾掲載

6月から始まった関西を中心とした情報を扱うカルチャーメディアのEeNaに社長のインタビュー記事第二弾が掲載されました。

尾崎食品 矢部社長がこだわる食品づくり「尾崎食品を100年企業にする。世界を変える。」vol.2

若旦那インタビュー

2020年7月2日EeNaに掲載されました。
EeNa掲載(2020/07/02)

6月から始まった関西を中心とした情報を扱うカルチャーメディアのEeNaに掲載されました。
2回に渡って掲載される予定です。
第1弾、ご覧ください。

尾崎食品 矢部社長が強くこだわる食品づくり「大切なのは“味と安全性”」vol.1

オンライン豆腐工房見学開催

オンライン豆腐工房見学
オンライン豆腐工房見学

オンライン豆腐工房見学の第2弾に「尾崎のとうふ」が選ばれました。
このイベントは、コロナウイルス感染拡大の影響を受けたお豆腐屋さんを応援するための企画「Cheering TOFUYA」の1つの取り組みです。
お届けする商品内容・申し込み方法等、イベント詳細は下記リンクから。

【オンライン豆腐工房見学】兵庫県「尾崎食品」おすすめ商品8個お届け!

7月7日にラジオ・J-WAVE「JAM THE WORLD」でも紹介されます。

また、2020年6月スタートのインターネットメディア「EeNa」にも掲載されました。

【7月12日イベント開催】オンライン“とうふ”工房見学!神戸の『尾崎食品』

三代目社長就任

取締役社長 矢部 拓
取締役社長 矢部 拓

尾崎食品株式会社は、合同会社ウルル代表 矢部 拓氏を招聘し、4月15日に同氏が社長に就任いたしました。

女将 尾﨑 章江と若旦那 矢部 拓、従業員一同 手を取り合い、「国産大豆100%、天然海水にがり、職人の技」にこだわり、お客様に喜んでいただける商品の品揃えを充実していけるよう一層の努力を重ねてまいりたいと存じます。
どうぞ引き続き末永くご愛顧賜りますよう心からお願い申し上げます。

ラジオ出演

ラジオ関西情報アサイチ!こうべしんきん三上公也の企業訪問のコーナーに出演させていただき、神戸ヘルシー豆乳ヨーグルトファンドを紹介していただきました。
そのときの放送がラジオ関西のサイトから視聴できます。
ぜひご視聴ください!
★視聴はこちら
★神戸ヘルシー豆乳ヨーグルトファンドについてはこちら